保険のこと、お任せ下さい

最重要ポイントとは

親子

保障される金額

保険にいくつかの種類があります。その中でも、死亡や病気などに関わる内容を保障してくれるのが生命保険です。死亡保障やがん保障などもこの中に含まれるので、保険の中でも保険料が高くなりがちな保険です。
そのため、人生設計の変更や子供の成長などに伴い、保険見直しを行う場合は真っ先に見ておきたいところです。
では生命保険見直しはどのようなポイントに注目して行うべきなのでしょうか?

毎月支払う保険料

生命保険見直しでまず気にしておきたいのが、何かあった際の保障額ですよね。
保障額は高くなればなるほど、保険料へと反映されていくので、高くしすぎるのも考えものです。
特に死亡保障は公的保険など他の保険と重複していることも多いので、保障額が過多になっている場合は、死亡保障額を減らしてがん保障に当てる、もしくは保険料を減らすために更改時に保障額を減らすなどの見直しと改善を行いましょう。

人生と共に

保険見直しの2つ目のポイントは、ずばり保険料です。
これは1つ目のポイントである保障額と表裏一体と言え、人生設計や収入などを加味してバランス良く決めるべきポイントです。
保険料を決めるポイントの中で最もわかりやすいのが、年収に対して保険料をどの程度払っているのかです。
例えば、年収300万円のうち、保険料に20万円使っている人は、年収のうちおよそ6%〜7%が保険料にあてられていることになります。この6%は保険料にお金をかけていると言われている数値で、子供が小さい家庭では、妥当と言えますがそうでない場合は払い過ぎかもしれません。
逆に子供が小さいのに、年収300万円のうち10万円も保険料を払っていない人は、もしかすると保障額が少なめかもしれません。

このように保険見直しは、色んな観点から行った方が現在の状況や将来に寄り添った保険にしやすいと言えます。
自分1人で考えるのは難しいと感じる場合は、保険会社もしくはアドバイザーやプランナーなどがいるところに保険見直しを依頼することも考えましょう。

老夫婦

賢く備える

保険見直しは、自分で見直そうと思って簡単に見直せるものではありません。まずはいくつか注意すべきポイントを覚えておき、自分で無理な場合は、サポートしてくれる会社などに依頼して、人生設計に合った保険にしましょう。

詳細を確認する

迷う

新しい人生に向けて

家族が増えた場合は、今までの保険だけでなく新しい保険に加入した方が良いこともあります。新しい保険に加入する場合にも必ず見ておくべき大事なポイントがあるので覚えておきましょう。

詳細を確認する

頼るなら

オッケー

保険見直しはある程度数字に強くないと、嫌気がさす作業です。特に自分1人で行っていると、そのうち面倒になってしまい結局は中途半端になることもあります。そんな時はプロに頼ってみましょう。

詳細を確認する

Copyright(c) 2015 保険見直しはライフプランと併せて見直そう. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com